日本人の気……質?

こんばんは。

 

以前内田樹さんの日本人論を読んで、一度日本人について考えてみたかったんですよね。ということで、

日本人の気質について考えていこうと思います。痛烈な意見もあるので、意見が左右されることと思います。さて、見ていきましょう。

f:id:Allfy:20170319203041p:plain

 

日本人って、思いやりがあって、秩序正しく、仲間意識があり、和の精神がありますよね。そんな美徳をもつ日本人でも、現実的にどんな人が多いのでしょうか?

 

1945年以後の現代史を考えて、実体験をもとに推論していきます。

 

日本は第二次世界大戦敗戦国となりました。当時は国民はみな貧しく、食に事欠く人々の様子を歴史の本で見たことがある人も多いのではないでしょうか。

 

その後、日本人は頑張ります。物質的・経済的繁栄を目指して、仕事を通して発展していきました。それは自ずと数字で表れていくことになります。高度経済成長です。

 

結果として現代はどうなっているでしょうか?

 

物質的に満ち満ちていて、あり余るものが捨てられてしまうくらいに発展しています。

そんな環境で育ってきた人たちは、人生の成功を物質的経済的な繁栄とみなしているのが普通かもしれません。ということは、前の記事で触れたように、霊的な事柄を考えもしない人たちが多いといえるかも、ですね。

 

実際、色んな人と話していると、その背後にある原則に気づくわけです。

会話の基本的なスタンスとして、自分に注意を向けてもらうために必死になったり、悩み事を打ち明けても自分とは関係がないために少ししか同情しなかったりと、”利己的である”という原則が存在しているように感じちゃいます。

本当に、冷めますよね(笑) ろくに意味深い会話ができない^^;

 

例のごとく聖書にはこう書いてあるんですよ。マタイ24:12なんですが、

また不法が増すために,大半の者の愛が冷えるでしょう。

はい。愛が冷えてる人多いですね。

物質主義の人は愛が欠けてますね。だから人としてつまらないんですよ。(ごめんね)
 
また歴史的な流れに戻りますが、情報社会となった今、日本や海外の大変な状況を簡単に知ることができます。ツイッターとかで、震災の時に「助けて!」というつぶやきが生々しさがあり、私たちは本当に助けたいという気持ちになりました。
 
そういうこともあって、善良な人は募金活動やNPOの活動などでアクションしている人も多くなっているとも感じています。
人を助けたい、という愛を持つ人もいるので、まだまだ捨てたものじゃないですよね。
 
とはいえ、聖書の原則で考えたときに、募金活動って如何ほどなものか、次回考えていきたいと思います。
 
ではでは^^/