仕事と✗✗

こんばんは。

 

ビジネス書を読んでいて、聖書の記述がいかに的を射ているかびっくりしたことを書いていきたいと思います。聖書って今から2000年くらい前に書き終えられた書物ですよね。

 

それで、僕が読んでいたビジネス書は

ランチェスター思考 経営戦略の基礎 福田秀人著」

という経営に関する本なんですけど、すごく平凡な重要じゃないところに目が留まっちゃいました。でもそれほど、ある聖句と結びついてきたわけですよ。

 

そのしょうもない文とは、

計画主義と精神主義の両方に支配された企業ほど、愚劣で始末におえないものはない。

こういった企業では、真面目な社員の間に、ストレスで精神に異常をきたす者や、過労に倒れる者が増え、また、計画どおりに業績をあげるための様々な無理や不正が、一部の社員だけでなく、部門ぐるみで行われるようになる。

そういったことが不祥事となって発覚すると、利益至上主義と批判されるが、その多くは計画至上主義の産物でもある。

 

この部分と、次に紹介する聖句を見比べてみてください。

 

テモテ第一6:9,10

富もうと思い定めている人たちは、誘惑とわな、また多くの無分別で害になる欲望に陥り、それは人を滅びと破滅に投げ込みます。金銭に対する愛はあらゆる有害な事柄の根であるからです。ある人たちはこの愛を求めて信仰からまよい出、多くの苦痛で自分の全身を刺したのです。しかし、神の人よ、あなたはこうしたことから逃げ去りなさい。そして、義、敬虔な専心、信仰、愛、忍耐、温和な気質を追い求めなさい。

 

箴言28:20

 自分の土地を耕している人はパンに満ち足り,無価値なものを追い求めている人は貧困に飽き足りる。忠実な行ないの人は多くの祝福を得,富を得ようと急いでいる者は潔白を保てない

 

まずテモテ第一の方の聖句です。ビジネス書文書と見比べてみると、ストレスで精神に異常を、とか過労に倒れる、とかあります。聖句では、富もうと思い定めている人たちは多くの苦痛で自分の全身を刺すことになる、と断言しています。

まさにそうなんじゃないでしょうか?

 

そして、箴言の方を見比べてみると、無理や不正が社員や部門で行われることもある、ということが「富を得ようと急いでいる者は潔白を保てない」という聖句にぴったりです。そして、利益至上主義と批判される、とありますね。

 

聖書は金銭自体は悪ではないが、金銭に対する愛には注意しなさい、と忠告していますね。富を得ることが成功だとみなしている人は残念ですね。

こんなことも知らずに奮闘していたら、全身を苦痛でぶっ刺すことになりますよ。僕の以前の経験でもそうでした。起業するために奮闘していたら、愛していた婚約者を無くし、ストレスに苛まれ、結局事業は立ち上がりませんでした。何にも残るものはありませんでした。

 

なので、成功の定義を変えましたね。

義、敬虔な専心、信仰、愛、忍耐、温和な気質を追い求めるように変えました。聖書のアドバイス通りに行動しようとしています。そうすると、満足いく生活ができ、誰でも豊かな内面の成功を得られるわけですよ。これほどシンプルで満足できる成功はありません。そろそろ悟った方がいいですよ?

 

ということで、原則を中心に生きてると、様々な悟りがあります。ヨハネ8章にあるとおりです。

また、真理を知り、真理はあなた方を自由にするでしょう。

自由なんですよ。何が危険で何が益になるかを知れて、自由意志を用いて益する方を選び取ることができる。人間の推論で何が正しくて何が間違っているかが大体わかる。

 

以上、聖書中の事柄がいかに正確かという記事でした。